短期留学の費用について

短期留学の費用って

バイト

短期留学ならセブがおススメ

英語を習得するために、まずは短期留学を検討している人も多いのではないでしょうか。実は最近セブ島などフィリピンへの語学留学も少しずつ人気が出てきています。実は英語はフィリピンの公用語でもあり、普段の生活でも英語を使っている人が多い国です。また欧米やオーストラリアなどと比べてもフィリピンは物価が安いために、短期留学にかかる費用も安く抑えられます。特にフィリピンの中でもセブ島などリゾートの学校を選べば、休日はマリンスポーツも楽しめますので、学校とプライベートどちらも充実させる事が出来ます。

日本語学校のニーズを考える

日本語学校のニーズは、2020年に東京でオリンピックが開催されることもあり、ますます高まると思われます。それでは、海外における日本語学校での学習者数はどれくらいの数になるのでしょうか。2012年調査によりますと398万人に達しています。日本語教育機関は16000機関あり、教師は6万人強いるといわれいますが、この数字は調査開始以来増え続けているのですが、最近ではやや上昇率は鈍化しています。しかし、2020年までは少しずつ上昇へ転じるのではないでしょうか。

↑PAGE TOP