学校の休みにバイトを経験する

学校の休みにする事

バイト

学校の休みを利用してバイトする

学校には休みがあります。土日などの短い休みに加えて、春休み、夏休み、冬休みなどの長い休みがあります。社会に出ると仕事で忙しくなるので、学生のうちにたくさん遊んでおきたい。という気持ちがあるかもしれませんが、しかしできるなら短期間だけでもバイトを経験してみましょう。学生が出来る仕事としては、スーパーのレジやレストランのウエイトレスやウエイターがあります。学生の時にバイトを経験することによって、お金の大切さや、仕事のルールや基本を学ぶことが出来ます。ぜひ、学校の許可を得て経験してみると良いでしょう。

高校生以下の生徒のバイト

高校以下の学校では基本的にバイトを認めていません。そこには、学業に専念してほしいという教育的な意向と、犯罪に巻き込まれたり悪い友人との付き合いを始めたりしないように生徒を保護しようという目的があります。そのため、法律的には働いても問題ない年齢である高校生であっても、多くの場合日常的なバイトは認められません。例外として、学校に届出をしてその労働が必要だと認められた場合に限って認可する高校もあります。また、夏休みや冬休みなどの長期休暇中に限っては、むしろ有益な社会経験として短期就労を認めたり、公的機関や地元企業などからの信頼できる求人を斡旋したりするケースもあります。

↑PAGE TOP